だるさ解消エクササイズ

はなまるマーケットのとくまるでは、「だるさ解消エクササイズ」が特集されました。

春のだるさ
春になると、体がだるくなってきます。
原因は冬の間はあまり運動しないため、血行不良が起きていること。
体がだるくなるとさらに運動不足につながり、筋肉量も減り、基礎代謝が落ちて脂肪がつきやすくなるので、女性の大敵です。


基本の立ち方
姿勢が悪いと体を効率よく動かすことができないため、まずは正しい姿勢を作ることが大切。

■正しい立ち方
1.足を肩幅に開いて、お尻に軽く力を入れます。

2.両腕を真上に伸ばして、5秒間伸びをします。

3.両腕をゆっくり下ろします。

この動作をするだけで、胸が張ってきれいな姿勢を作ることが可能。
この姿勢をキープしながら、だるさ解消エクササイズを行いましょう。


下半身のだるさ解消エクササイズ
日常生活では、お腹や太もも表面の筋肉しか使っていません。
このエクササイズをすることで、インナーマッスルを刺激して、血行を良くすることができます。
また、脂肪もつきにくくなるので、ボディラインがすっきりする効果があります。

■下半身のだるさ解消エクササイズ
1.両手を腰に当てて、両膝は軽く曲げます。

2.上半身の力を抜いて、お腹を中心に腰を回します。

このエクササイズは、時計回り、反時計回りに各10回行います。
上半身はなるべく動かさないようにしましょう。


上半身のだるさ解消
上半身や背中を意識したエクササイズには、ダイナミックストレッチが効果的。
ダイナミックストレッチとは、ストレッチと筋力の両方の効果を兼ね揃えています。
あのイチロー選手も行っている方法で、血行を良くして筋肉を引き締める効果があります。

■肩甲骨のダイナミックストレッチ
1.頭の上で手を組んで、真上に伸ばします。

2.伸ばしきったら、両腕を下ろします。

3.片方の手のひらを開いたまま、前に引っ張られるイメージで伸ばします。

4.もう片方の手のひらも開き、背中の筋肉を引き締めるように後ろに引きます。

5.3〜4の動作を左右10回ずつ交互に繰り返します。
posted by はなまるマーケットのダイエット! at 16:25 | その他

街中ウォーキングと山歩き

はなまるマーケットのとくまるでは、「街中ウォーキングと山歩き」が特集されました。

ウォーキング
ウォーキングは、気軽に始められる運動の一つ。
最近では様々なイベントも行われているので、参加者も増えています。

ウォーキングには体の脂肪を燃焼させる効果、高血圧や生活習慣病の予防・改善効果があります。
また、気分転換ができたり、爽快感が得られるので、精神的にも良い効果が期待できます。


靴の選び方
ウォーキングでは、シューズ選びも大切。
かかとに衝撃吸収クッションが入っていて、かかとをしっかりホールドしてくれる靴を選びましょう。
また、たくさん歩くと靴の中が蒸れたり、靴擦れの原因などになるので、通気性の良いシューズがオススメ。

サイズを合わせる時は、少し厚手の靴下を穿いて、つま先が1センチ弱余るくらいの靴を選びます。
靴紐を結んで実際に歩いてみることも重要。


街歩き
ウォーキングでは歩くことばかりを意識していると、持続しなかったり、楽しくなかったりします。
そのため、何か目的を持って歩くようにしましょう。

例えば、古い建物を見て回ったり、季節の花を見て回ったり、など。
普段は行かないような道を歩いてみると、お店や古い建物などに偶然出会うかも知れません。
真っ直ぐに歩かず、横道に入ってみるようにしましょう。


山歩き
山歩きの場合は、ハイカットの靴を選ぶようにしましょう。
足首の捻挫を防止したり、衝撃を吸収してくれます。

ウェアは吸汗・速乾性の高いウールや化学繊維などの素材を使っているものを選びます。
他にも雨具や、日差しが気になる方は帽子も持って行きましょう。

また、水筒やエネルギー補給のためのチョコレート・おにぎり、医薬品やウェットティッシュなどを持っていくと便利です。


山道の歩き方
山道を登る時は、歩幅をなるべく狭くして歩きましょう。
足をフラットに地面に置くようにします。

下る時は、斜面の下っている方向につま先を向けて、歩くようにします。
また、重心を後ろにかけすぎると滑ってしまうので、膝を少し曲げるようにします。
posted by はなまるマーケットのダイエット! at 16:30 | その他

快眠

暑くなってくると、寝苦しい毎日が続きます。
あるアンケートによると、睡眠不足を感じている人は、約60パーセントもいるそうです。

そのせいか、最近では仮眠専用サロンなどの快眠に関する施設に人気があります。
他にも快眠グッズ専門店、心地よい眠りへと誘う音楽を収録したCDなども販売されています。

睡眠が不足すると、まず日中の思考能力が低下します。
肌の再生(ターンオーバー)が悪くなったり、便秘にもなりやすくなります。
また、食欲増進ホルモンが増えて、肥満になりやすいことも分かっています。


快眠術

日本人の平均睡眠時間は、約6時間半。
他のアジア太平洋地域の国と比べると、日本が一番短くなっています。

医学的には、成人の場合の睡眠時間は6時間以上必要、と考えられています。
また、睡眠が十分に深くないと、日中に眠気を感じてしまいます。

特に、睡眠のはじまった最初の3時間は深い睡眠なので、とても重要。
この3時間に深い眠りが起こらずに、途中で目が覚めてしまうと、ぐっすりと眠った感じがしません。

さらに、この3時間の深い眠りの時には、成長ホルモンがたくさん分泌されています。
成長ホルモンが分泌されないと、脂肪燃焼が上手く行かなくなり、老化が進みやすくなってしまいます。


深部体温

最初の3時間にぐっすりと眠るためには、体温をコントロールすることが大切。

人間の深部体温(体の内部の体温)は、朝起きてから日中に上昇し、夕方から深夜にかけて下降する、というリズムがあります。
これは、日中は体が活動的になり、夜は体が休息へ向かうことを意味しています。
つまり、人間は深部温度が下がっていると眠気を感じるのです。

深部体温が下がりつつある夜に、さらに深部体温を低くする工夫をすれば、最初の3時間に深い睡眠をとることができます。

深部体温を低くするには、冬はウォーキングやぬるめの入浴がオススメ。
軽い運動やお風呂で深部体温を上げて、その後反動で下げて、眠りやすくすることができます。

夏に軽い運動や入浴をすると、深部体温が下がるまでに時間がかかってしまい、逆効果になります。
そのため、夏は寝る前にぬるめのシャワーを浴びましょう。
ぬるめのシャワーで汗をかき、その汗が蒸発する時に、深部体温を下げてくれます。


寝る前に避ける行動

寝る直前にパソコン、携帯メール、カフェイン・アルコールの摂取などを行うと、深い睡眠を妨げてしまいます。
理由は脳を興奮させてしまうため。
アルコール類は、浅い睡眠になってしまい、利尿作用もあるため、途中で目が覚めてしまいます。


昼寝

夜の深い睡眠を妨げないために、昼寝をすることも効果的。

昼寝をするときのポイントは、以下のとおり。

・午後3時までにする
・15〜20分ほどの長さ(目覚まし時計をセットする)
・部屋を薄暗くする
・ソファーやイスに座った状態でする
・手足は伸ばす
・頭は固定する(タオルなどを当てて)
posted by はなまるマーケットのダイエット! at 16:31 | その他

足のケア

はなまるマーケットのとくまるでは、「足のケア」が特集されました。

素足のお手入れ

春から夏になると、女性は素足で出かけることが多くなります。
ミュールなどを美しく履きこなすには、素足のお手入れが大切。

最近では、足の痛みや摩擦を和らげてくれるサンダル用インソール「ミュールピタット」などが販売されています。
足とミュールを密着させるジェルパットであり、剥がして洗えるタイプなので、何回でも使えます。

また、「電動ハードスキンファイルかかと用」という角質を取る電動ヤスリなども販売されています。


膝下のケア

脚は普段から紫外線や乾燥にさらされているので、しっかりとケアをしておかないと、肌荒れや老化の原因になります。
化粧水やクリーム、スクラブ剤とコットンがあれば、家でも簡単にケアを行うことが可能。

■基本の保水ケア
1.足首からももまで、全体的に化粧水をパッティングします。
2.足の裏、かかと、くるぶし、足の指、指の間などもシワを伸ばして保水します。
3.膝は曲げてシワを伸ばして保水します。
4.クリームを手に取り、両手で温めます。
5.クリームを足の指先、指の間に塗ります。
6.足の裏、かかとにクリームを塗ります。
7.足首から膝にかけて、クリームを伸ばしていきます。
8.膝を曲げてシワを伸ばして、クリームを塗りこみます。

このケアは、お風呂上りに毎日行いましょう。


■膝の集中パック
1.大きめのコットンに化粧水を染み込ませます。
2.両膝にコットンを当ててパックをします。
3.コットンの上から手のひらを当てて、包むように5分間温めます。
4.粒子の細かいスクラブ剤を塗ります。
5.指先で円を描くように30秒間パックをします。
6.きれいに拭き取り、クリームを塗ります。

このパックは、1週間に1回行います。


美脚メイク

プロのモデルは、撮影時に足にもメイク(お化粧)をしています。
リキッドファンデーション、コンシーラー、ハイライトがあれば、誰でも簡単に行うことが可能。
※顔に使う化粧品でOK。

■美脚メイク術
1.保湿クリームとリキッドファンデーションを2:1の割合で混ぜます。
2.足全体に伸ばします。
3.肌よりもワントーン明るいコンシーラーでアザやシミを隠します。
4.ハイライトを足のセンター(膝から足首まで)入れます。

このメイクを行うと、足全体が引き締まり、アザもきれいに消えます。


足裏の角質ケア

足裏の角質は、摩擦や乾燥が原因でできます。
夏はサンダルやミュールを履く機会が多くなり、足が動きやすくなります。
かかとが固定されていないので、摩擦が生まれて、角質がより厚くなってしまいます。
さらに、ヒールの高いものを履いていると、圧力が強くなる指の付け根の角質が厚くなり、硬くなります。

角質ケアは、お風呂上りに行うのが一番効果的。
ただし、足が濡れた状態で行うと、削りすぎて皮膚が防御反応を起こして、さらに角質が厚くなるので注意が必要です。
角質ケアを行う場合は、市販の足用ヤスリを使いましょう。

■角質ケア
1.約40度のお湯に足を10分つけて、よく拭き取ります。
2.足用ヤスリの粗い面で削ります。
3.細かい面で滑らかにします。
4.化粧水・クリームを塗って保湿をします。

このケアは、1週間に1回行います。


角質化のトラブル

皮膚の角質化がおこると、ひび割れや亀裂などによる痛み、体のバランスが崩れる、水虫の原因になる、など様々なトラブルが起きてしまいます。
ひび割れや亀裂には、ばい菌が入ってしまい、痛みに繋がります。
体のバランスが崩れると、膝や腰に負担がかかります。

また、角質の主成分・ケラチンたんぱくは、水虫菌のエサと住みかになります。
角質増殖型足白癬という水虫になると、かゆみはありませんが、爪にまで入ってしまう場合もあるので、気になる場合はすぐにお医者さんへ行きましょう。


足の臭い

足の臭いの原因は、細菌が汗を分解すること。
この細菌が繁殖するには、温度・湿度・栄養が必要です。
そのため、温度と湿度が上がって足が蒸れて、角質(栄養)がたまると細菌を繁殖させてしまいます。

足の臭いを防ぐには、以下の点に注意しましょう。

・同じ靴を続けて履かない
・靴を乾燥させる
・汗を長時間放置しない
・角質や垢を取り除く
posted by はなまるマーケットのダイエット! at 16:39 | その他

花粉症

はなまるマーケットのとくまるでは、「花粉症」が特集されました。

花粉症

花粉症は今まで症状が出ない人でも、ある年に突然発症することもあります。
子供も大人も関係なく、幅広く発症する可能性があります。

花粉に接すると、人によっては抗体が作られて体内に蓄積されます。
抗体がその人の許容範囲を超えると、花粉に過剰反応して、くしゃみや鼻づまりなどの症状があらわれます。
これが花粉症の正体。

そのため、花粉を浴びれば浴びるほど、花粉症を発症するリスクは高くなります。
花粉の量が多い年は、新たに発症する人も多くあらわれます。
日本では、5人に1人が花粉症だと言われています。


花粉症対策

花粉症対策のために、最近では画期的な取り組みが行われています。
花粉の少ないスギを開発し、花粉を最も飛散させる樹齢30年以上のスギを伐採し、花粉の少ないスギの苗木と植える、という森作りが進められています。
ただし、この方法では成果が出るのはちょっと先になってしまいます。

今現在、花粉症に悩んでいる方は、適切な治療を受けるためにすぐに病院を受診しましょう。
最近では専用の内視鏡を使い、鼻の中を見ながら受診することが可能。
他にも、鼻水を採取して検査したり、アレルギーの原因物質を調べ血清抗体検査、抗原エキスを用いた皮膚テストなどを行います。


減感作療法・舌下減感作療法

減感作療法とは、濃度の薄い花粉エキスを少量ずつ注射して、花粉に身体を慣らすことで症状を軽くする、という治療法です。
この治療法は今まで、2〜3年間定期的に通院する必要がありました。

しかし最近では、通院せずに自宅で行える舌下減感作療法という治療法が注目されています。

舌下減感作療法とは、口の中に花粉エキスを入れるという方法で、舌下の部分にエキスを染み込ませていきます。
注射法と同じ効果があると考えられていて、将来的には一般的な治療方法になっていくと期待されています。
現在は保健適用外のため、治療費はワンシーズン約15,000円。


風邪と花粉症の違い

風邪の場合、鼻水の状態は変化します。
花粉症の場合は、最初から最後まで、鼻水の色は透明か白いまま。

また、目がかゆくなった場合は花粉症を疑いましょう。
風邪の場合は、目がかゆくなりません。


花粉症は治る?

基本的には、スギのアレルギーを完治させることはできません。
これは遺伝子にその情報がのっているため。

ただし、体を慣らす減感作療法などの治療では、ほとんど症状を出なくすることは可能です。

また、スギ花粉は日本にしか存在しないため、海外や沖縄に移住すれば、スギ花粉症はなくなります。


花粉防衛策

家の中では、窓を開けて換気をしましょう。
ブラインドの場合は、窓を開けた時に花粉が入ってしまうためNG。

レースのカーテンは、マスクのようにフィルターの役目をしてくれます。
カーテンに付いた花粉は掃除機で両面を吸い取るようにすればOK。

また、掃除をする時はいきなり掃除機をかけてしまうと部屋中に花粉が舞ってしまいます。
掃除機をかける前に、必ずモップなどで床を拭いておきましょう。

服装では、花粉がつきやすい毛羽立ったものよりも、ナイロンやポリエステルなどの素材がオススメ。
静電気防止スプレーや花粉防止スプレーを使うとより効果的です。


花粉症の薬

花粉症の薬は、頭の中の発作を抑えるため、活動性が鈍ってしまいます。
そのため、飲むと眠くなってしまいます。
最近では眠くならない薬も増えているので、専門のお医者さんと相談して治療法を決めるようにしましょう。

また、妊娠している女性は薬を飲むと、血液で薬の成分が運ばれて赤ちゃんに届いてしまうため、基本的には飲んではいけません。
4ヶ月〜5ヶ月までは子供の臓器や手足が作られているので、薬を飲むのは控えます。
この時期を過ぎれば、点鼻薬や点眼薬を少量ずつ使うようにします。

どうしても出産の予定がある場合は、レーザーの鼻粘膜凝固術がオススメ。
鼻の粘膜をレーザーで低温火傷にし、花粉が付かないようにする手術です。
ガーゼ麻酔をするため、痛みはほとんどありません。
posted by はなまるマーケットのダイエット! at 16:35 | その他

疲れ目

はなまるマーケットのとくまるでは、疲れ目・目のケアが特集されました。

目の疲れ

夏に紫外線をたくさん浴びると、目の角膜が傷付いて見えにくくなったり、
疲れ目になったり、水晶体が濁って白内障になる可能性もあります。

目が疲れやすくなると、視力も低下してしまいます。
肩こりや頭痛の原因にもなるため、正しい目のケアを行うことが大切。


目にゴミが入った場合

目にゴミが入った場合、水で洗い流してはいけません。
目の表面には涙だけでなく、目を保護している脂成分もあります。
水で洗い流してしまうとその成分がなくなり、角膜が傷付きやすく
なってしまいます。

そのため、目にゴミが入った場合はわざとあくびを出すようにして
涙で流すか、目薬を点眼して洗い流すようにしましょう。


目が疲れた場合

目が疲れた場合、目を閉じても目を休めることにはなりません。

長時間パソコンを使った場合などで目が疲れる原因は、目の中の
ピントを合わせる筋肉が働き続けて疲れてしまった状態です。
目を閉じただけでは、その筋肉は休むことができません。

そのため、目が疲れた場合は、遠くの景色をボーっと見るように
しましょう。
近くにピントを合わせるために収縮していた筋肉を緩めることが
できるため、疲れが取れるようになります。


目が充血した場合

目が充血した場合、ホットタオルなどで目を温めてはいけません。

目の充血は、目の血管が膨張していることが原因なので、温めて
しまうと、さらに充血がひどくなってしまいます。

そのため、目が充血した場合は、冷やすようにしましょう。
炎症が起きている可能性もあるので、冷やすことが大切です。


目薬の基礎知識

目薬は家族や友達などで使いまわさないようにしましょう。
使いまわすと目薬の中に雑菌が入る機会が増えてしまいます。
もし、誰かが結膜炎などの病気にかかっていた場合、その菌などが
他の人に移ってしまいます。
そのため、目薬は自分専用のものを使うようにしましょう。

また、目薬は一度に何滴も点眼する必要はありません。
必要以上に目薬を点眼してしまうと、あふれた目薬がまぶたなどを
刺激して、肌が荒れてしまう可能性もあります。

目薬が鼻の方に流れるのが嫌な場合は、目薬をさした後に目頭を
押さえるようにしましょう。
こうすることで、涙の通り道を塞いで鼻に流れなくすることが可能です。


白内障・緑内障

本を読んでいて文字がかすんだり、慢性的な目の疲れが有る場合は、
白内障や初期の緑内障の可能性があります。
気になる場合は、すぐに眼科で検査を受けるようにしましょう。

白内障は、目の水晶体が白濁して視力を失ってしまう怖い疾患。
緑内障は、視神経が圧迫されて失明につながる恐れのある疾患です。
40歳以上の方に多くなっています。
posted by はなまるマーケットのダイエット! at 16:39 | その他

ヘアケア

はなまるマーケットのとくまるでは、ヘアケアが特集されました。

夏のダメージヘア

夏は体や素肌だけでなく、髪にも夏バテの影響があらわれます。
20〜30代の方はツヤへのダメージ、40〜60代の方は細毛・薄毛・白髪などのダメージがあります。
ダメージの原因は髪の毛に紫外線が当たると、うろこ状のキューティクルが剥がれやすくなるため。

普段からヘアケアを行うには、ドライヤーなどにマイナスイオンの付いている商品を選べば、髪をダメージから守ることができます。
最近ではさらに進化したナノイオンドライヤーも販売されていて、マイナスイオンよりも高い潤い効果があります。


ヘアケアの基本

夏場や夏の終わりは、髪の毛と頭皮にダメージを受けています。
髪の毛は紫外線の影響でキューティクルが剥がれてパサついたり、ゴワついたりします。
頭皮は皮脂の働きが活発になり、汗などで毛穴が詰まりやすくなっており、地肌が傷んで髪の発育に影響を及ぼします。

髪の毛の主成分は「ケラチン」というたんぱく質。
毛根部の細胞は生きていますが、髪の毛の細胞は死んでいるため、一度傷が付くと元に戻ることはありません。
そのため、トリートメントを使って、髪の毛に水分や脂分を与えることが大切。
トリートメントの粒子はリンスの粒子よりも小さいので、キューティクルの隙間から内部まで浸透し、髪の潤いを保ってくれるのです。

また、髪を乾かす場合はドライヤーを髪から10センチ以上離して、熱風が同じ場所に当たり続けないように動かしながら乾かしましょう。
髪の毛は70度以上の熱を当て続けるとキューティクルが変形して、元に戻らなくなってしまいます。
熱くなりすぎた場合は、冷風に切り換えて乾かすように。


ヘアエステ

頭皮には、顔の約10倍の皮脂腺があるので、汗や脂で汚れやすくなっています。
頭皮が汚れると毛穴が詰まったり炎症を起こして、新しい髪の毛の成長を邪魔してしまいます。
そのため、健康な髪を育てるには頭皮のケアも大切。

最近では頭皮と髪の毛専門のケアをしてくれるサロンもあるので、ぜひ利用してみましょう。
頭皮の状態をチェックしたり、アロマオイルで背中や肩、首をマッサージしたり、頭皮オイルマッサージ、ミネラルパック、オゾンスチームなどを行ってくれます。
お店に行く場合は、毛髪診断士の資格を持つエステティシャンのいるお店を選ぶようにすると安心。


シャンプー&トリートメント

シャンプーは髪だけでなく、頭皮もしっかりと洗うことが大切。
シャンプーをする前にはしっかりとブラッシングをして埃を落としたり、シャンプーする前のすすぎもしっかりとしましょう。
シャンプーは泡立てた後に、専用のスカルプブラシを使えば皮膚を傷つけずに洗うことができ、血行促進にもなります。

トリートメントは毛先から根元に向かって馴染ませ、頭皮にはつけないように気をつけましょう。
くしを使ってとかすと、髪全体にトリートメントが行き渡ります。
その後、ホットタオルで髪全体を包めば、栄養分が髪へ十分に行き渡るのでオススメ。
posted by はなまるマーケットのダイエット! at 16:32 | その他




Copyright (C) 2006-2014
はなまるマーケットのダイエット!
Some Rights Reserved.