頭痛の対処法

はなまるマーケットの「とくまる」では、頭痛の対処法が特集されました。

頭痛について

日本人の4人に1人は頭痛持ちと言われています。
原因はストレスの多い社会や食生活が変化したこと、とされています。

頭痛の症状はひどい人になると寝込んでしまう場合もありますが、周囲からは
軽く見られがちで、あまり理解されていないのが現状です。

頭痛は立派な病気なので、放っておいたり我慢したりせず、きちんとした
対処法をとりましょう。
そのままにしておくと、脳血管の炎症、将来的な脳梗塞やくも膜下出血の
危険性もあります。


頭痛は女性に多い

頭痛は男性よりも女性に多い傾向があります。
中でも25歳〜60歳の女性にたいへん多くなっています。

また、冬の時期や季節の変わり目で寒暖の差が激しい時期や天候が不安定な
時期には、頭痛の患者が増えています。


頭痛の種類

頭痛の種類には、慢性的な頭痛の「片頭痛」と「緊張型頭痛」の他に、
脳腫瘍やくも膜下出血などの病気が原因で起こるものがあります。

「片頭痛」と「緊張型頭痛」を見分けるには、頭が痛い時に頭を振って
みましょう。
痛みが強くなったら「片頭痛」です。


片頭痛

片頭痛は、頭の片側または両側に脈打つような痛みが出ます。
吐き気や下痢、音や光に敏感になるなどの症状もあらわれます。

片頭痛の原因は、ストレスによってセロトニンが大量に放出され、血管が
収縮した後、頭の血管が異常に拡張することにあります。
この血管の拡張により、三叉神経が圧迫されて炎症が起こり、痛みが発生
してしまいます。
症状の軽い場合は数時間でおさまりますが、2〜3日続く場合もあります。

片頭痛の対処法は、痛むところを冷やすこと。
冷やすことにより、神経の刺激が和らぎます。
濡れタオルや冷やしたペットボトルなどを直接30分間当てると効果的。
また、光りや音に敏感になるので、静かで暗い部屋で安静にしておきましょう。


緊張型頭痛

緊張型頭痛は、頭全体に締め付けられるような痛みがあり、それがほぼ
毎日続きます。

緊張型頭痛の原因は、ストレスによって肩や首の筋肉が緊張して、血管が
収縮することにあります。
その結果、血行不良になり老廃物などが溜まって、痛みの原因になります。

緊張型頭痛の対処法は、首筋や肩を温めましょう。
筋肉が凝り固まっているので、温めると血流が良くなって老廃物も流れる
ようになります。
また、マッサージや軽い運動をするもの効果的。


頭痛薬

痛みが止まらない場合は、市販の頭痛薬を服用しても問題はありません。
ただし、薬の効き目が弱くなってきたり、週に何回も服用してしまう場合は、
専門のお医者さんできちんと診断してもらいましょう。
頭痛薬を使いすぎてしまうと、脳が敏感になってしまい、痛みが増える場合も
あります。

最近では、専門の頭痛外来があるので、ぜひ利用しましょう。
頭痛外来がない場合は、かかりつけの医師と相談し、それでも治らない場合は
脳神経外科、脳神経内科のお医者さんを受診します。
posted by はなまるマーケットのダイエット! at 17:20 | 頭痛




Copyright (C) 2006-2014
はなまるマーケットのダイエット!
Some Rights Reserved.