ギックリ腰

はなまるマーケットのとくまるでは、ギックリ腰が特集されました。

冬の寒い時期は、筋肉が収縮して硬くなり、血行も悪くなっているため、
ギックリ腰になりやすくなっています。

また、冷え性の方も特に注意が必要。
手足だけでなく、腰も意外と冷えている方が多く、腰が冷えると血行が
悪くなり、筋肉の動きも悪くなるので、ギックリ腰になりやすくなります。


ギックリ腰とは

ギックリ腰とは、腰が無防備な時に腰の組織の一部がケガをすることに
よって起こります。
腰骨の間の椎間板に亀裂が入ったり、骨の継ぎ目の椎間間接が捻挫をした
ような状態が主にあります。

1回傷が入ってしまうと、また過度の負担がかかった場合に傷が入りやすい
ため、ギックリ腰はクセになる、と言われています。


応急処置

ギックリ腰は腰の深部が傷付いているため、痛みを和らげるために冷やしたり
温めるようにしましょう。
冷やすか温めるかは、痛みが和らぐ方を選んで構いません。

痛みがひどい場合は、インドメタシンなどの痛みを止める成分が配合された
湿布薬を使います。

また、食後に痛み止め薬の服用を定期的に続ければ、早めに痛みを和らげる
ことが可能。
頭痛薬などは説明書きをよく見ると「腰痛」と書いてあるので、専用の薬を
使う必要はありません。


予防

冷え性の人の場合は、腰の血流も悪いため、ギックリ腰になる可能性が高く
なっています。
ギックリ腰を予防するには、腹巻を着用するようにしましょう。
最近では、外から目立たないように薄い生地で作られていたり、ファッション
性が高いものが売られています。

荷物を持つ時は、鳩胸になるようにしましょう。
胸を少し突き出した姿勢になると、腹筋と背筋が意識的に動くので、
ギックリ腰を予防することができます。

また、くしゃみをする時は、壁や台に手をついてからくしゃみをするように
しましょう。
ギックリ腰は無防備な時に起こるため、習慣にしておくと安心です。


予防ストレッチ

ギックリ腰は、体がまだ温まっていない朝に起こりやすくなっています。
そのため、布団の中で以下のストレッチを行いましょう。

1.仰向けに寝た状態で膝を曲げて立てます。

2.両膝を軽く左右にひねります。

3.2の動作を左右合わせて10回行います。


このストレッチを行うと、両膝を左右に倒すことにより、腰の筋肉が動き、
血流が良くなるため、ギックリ腰を予防することができます。
posted by はなまるマーケットのダイエット! at 16:20 | 腰痛

腰痛の原因

はなまるマーケットでは、腰痛が特集されました。

人間は二足歩行なので、背中のバランスをとるため、
背骨は適度なS字カーブを描いています。

その背骨を支えているのが腰の骨の腰椎。

そのため、背骨の適度なS字カーブが無いと、
腰痛になってしまうのだそうです。


また、腰痛を和らげるためには、腰痛対策グッズが
たくさん売られています。

はなまるマーケットでは、以下のグッズを
おすすめしていました。

コルセッティー

インソールプロ
posted by はなまるマーケットのダイエット! at 19:39 | 腰痛

腰痛のタイプ

はなまるマーケットでは、腰痛が特集されました。

腰痛のタイプには、以下の3つがあるそうです。

●スポーツをする人の腰痛

 スポーツをすると骨の間の椎間板に細い亀裂が
 入るため、痛みが出る。


●サラリーマンやOLの腰痛

 同じ姿勢で長時間いると、椎間板が潰れてしまい、
 そのまわりの筋肉も痛くなる。


●主婦の腰痛(家事腰痛)

 家事をする際、前傾姿勢になると頭が大変重いため、
 椎間板と背中の筋肉に負担がかかる。
 前傾姿勢は、普通に立っている時よりも1.5倍の
 圧力がかかる。

家事腰痛だけは、腰にかかる圧力がかなりの負担に
なります。

しかしながら、家事をする時の姿勢を少し変えるだけで
負担を和らげることができるそうです。
posted by はなまるマーケットのダイエット! at 19:38 | 腰痛

家事腰痛を予防する方法

はなまるマーケットでは、腰痛が特集されました。

家事をする場合、前傾姿勢になることが多く、
重心から腰が離れすぎてしまいます。

そのため、重心を体の中心に持ってくることが
大切です。

●家事腰痛を防ぐ食器洗いの姿勢

 1.足を前後に開いて立つ。

 2.前傾姿勢にならないようにする。

 3.膝を軽く曲げ、前の足の膝を壁に軽く触れる。


●家事腰痛を防ぐ掃除機のかけ方

 1.足を前後に開き、前の足を軽く曲げる。

 2.猫背にならないようにする。

 3.前傾姿勢にならないようにする。


●低い所を掃除する時の姿勢

 1.片膝は床に付け、反対の膝は立てる。

 2.立てている膝の上に肘を置く。

 3.前傾姿勢にならないようにする。
posted by はなまるマーケットのダイエット! at 19:37 | 腰痛

家事腰痛を防ぐストレッチ

はなまるマーケットでは、腰痛が特集されました。

家事腰痛を防ぐストレッチは、朝、家事を行う前に
ももの裏、お尻、腰の筋肉、骨盤を柔らかくすることを
意識しながら行いましょう。

●家事腰痛を防ぐストレッチ

 1.仰向けに寝転がり、両膝を立てる。

 2.軽く右膝を曲げたまま、右足を胸にゆっくりと付け、
   その状態を30秒間保つ。

 3.2と同じに左足も行う。

 4.軽く両膝を曲げたまま、両足を胸にゆっくりと付け、
   その状態を30秒間保つ。
posted by はなまるマーケットのダイエット! at 19:36 | 腰痛

家事腰痛のマッサージ

はなまるマーケットでは、腰痛が特集されました。

腰痛になった場合、背中を叩いたり、押したりするのは
神経を刺激してしまうため、よくありません。

安全なマッサージを行いましょう。

●家事腰痛のマッサージ

 1.リラックスする。

 2.家事腰痛は筋肉の痛みのため、軽く揉みほぐす。
   (絶対に叩かない)

 3.骨盤の付け根周辺の筋肉を揉みほぐす。
   (骨は押さない)

 4.お尻周辺の大でん筋、ももの裏を揉みほぐす。

 5.ふくらはぎの下の部分を揉みほぐす。
posted by はなまるマーケットのダイエット! at 19:36 | 腰痛




Copyright (C) 2006-2014
はなまるマーケットのダイエット!
Some Rights Reserved.