歯周病

はなまるマーケットのとくまるでは、「歯周病」が特集されました。

歯周病
歯周病とは、歯の周りの病気です。
日本人成人では、約70パーセントが歯周病だとされています。

歯周病は早期発見が大切ですが、放っておくと最悪の場合、歯が抜け落ちてしまう場合もあります。

しかし、歯周病には自覚症状がありません。
歯周病は静かに進行する病気(サイレント・ディジーズ)のため、初期段階でそのまま放っておくと、どんどん進行します。
そのため、歯の抜ける原因は虫歯や老化ではなく、歯周病が一番多くなっています。


歯周病の原因
歯周病は、歯や歯肉の間に溜まった歯石(プラーク)が原因で起こる炎症。
症状がひどくなると、歯の根本を支えている繊維や歯槽骨が溶けて、歯が抜けてしまう場合があります。
また、自覚症状が無く、気付いた時はすでに悪化している怖い病気です。


歯周病チェックリスト
以下のリストに一つでも当てはまっている場合は、歯周病の可能性があります。

・歯茎が赤い
・歯茎が腫れている
・歯磨きの時に歯茎から出血する
・歯の隙間に食べ物が挟まりやすい
・歯が長くなった気がする
・歯がグラグラする
・口臭が気になる


検査方法
歯周病の検査では、レントゲン撮影が行われます。
レントゲン写真では、歯を支えている歯槽骨が正常かどうかを調べます。

歯周病は歯茎が炎症を起こして、その下の骨が溶けてしまう病気なので、歯槽骨が溶けているかどうかで、症状が重いか軽いかが分かります。

また、軽度の場合では、歯茎の状態を調べます。
歯茎の状態は、歯周ポケット検査を行います。

歯周病は歯に付着した食べカスが、歯周病菌を含むプラークとなります。
この菌は酵素が苦手なので、歯茎の奥へ侵入します。
この時にできる隙間が、歯周ポケット。

歯周ポケット検査では、プローグという器具を歯と歯茎の間に入れて、歯周ポケットの深さを確認しながら、1本ずつ行っていきます。

軽度の場合は、歯石を取り除けば、元の健康な状態に戻ります。
気になる方は、歯医者さんで検査をしてもらいましょう。


重度の歯周病
歯周病が悪化すると、歯周ポケットが深くなり、歯茎が下がり、歯が長くなります。
歯を支える歯槽骨が溶けてしまい、歯がグラグラになります。

こうなってしまうと、歯が抜け落ちる場合もあります。
また、歯を支える骨がなくなるので、入れ歯やインプラント治療も難しくなります。

さらに、歯周病は口の中だけでなく、全身の健康に関わっていることも判明しています。
歯周病の出す毒素によって炎症が起きて、有害物質が産生されます。
この有害物質は歯茎の血管内に侵入し、血液と一緒に全身に運ばれます。
その結果、糖尿病や心筋梗塞、早産や低体重児出産などに関わっていることが分かっています。


歯周病の治療
軽度から中度の場合は、歯石の除去、ブラッシング指導などの治療を行うことで、完治したり、進行をとめることができます。
重度の場合は、抜歯や外科手術など、複雑な治療をする必要があります。

歯周病の治療は歯医者に任せるだけでなく、正しい歯磨きをするという患者の努力で、進行を止めることは可能です。
そのため、正しい歯磨きの方法を身に付けておきましょう。

正しい歯の磨き方
歯を磨く時は、以下のポイントに気をつけましょう。

・歯ブラシは軽く持つ
・歯周ポケット付近に歯ブラシの毛先を当てる
・小刻みに細かく動かす
・前歯は歯ブラシを縦に持ち替えて、1本ずつ磨く
・夜寝る前は、特に丁寧に磨く


予防法
歯周病を予防するには、歯茎のマッサージが効果的。
歯磨きの後に、指の腹を使って優しくマッサージすると血行が良くなって、歯茎が引き締まります。

■歯茎マッサージの方法
1.歯と歯茎の間に指の腹を当てます。
2.小さく横に回転させながら、スライドさせます。
3.歯茎全体に2〜3回繰り返します。


また、歯周病予防には食事も大切。
噛むと出る唾液には、歯周病を予防する効果があります。
唾液には、歯の中を洗浄したり、抗菌作用があるのです。

そのため、よく噛むように食感のある食材を料理に使いましょう。
オススメの食材は、アスパラやレンコン、セロリ、ゴボウ、キノコ類です。
posted by はなまるマーケットのダイエット! at 17:02 | 健康・病気




Copyright (C) 2006-2014
はなまるマーケットのダイエット!
Some Rights Reserved.