シェイプアップ術

はなまるマーケットのとくまるでは、「0円シェイプアップ術」が特集されました。

内臓脂肪の予防・改善

内臓脂肪の予防・改善には、食事の改善、運動の習慣化が大切。
特に運動不足は、体についている筋肉の量を減らして、基礎代謝が悪くなります。
こうなると、内臓脂肪が溜まりやすくなります。

主婦の場合は運動する時間があまり持てませんが、普段行っている家事をしながら、筋肉や体を動かし続けるように工夫すれば、内臓脂肪が溜まりにくい体になります。
ポイントは、お尻や太ももなど下半身の大きな筋肉を動かすこと。
そうすることで、内臓脂肪が燃えやすい体になります。

また、40歳を過ぎると筋肉の量が急激に減っていきます。
同時に代謝も下がるため、今までと同じような生活を続けていると、余ったエネルギーがぜい肉になってしまいます。
ぜい肉を防ぐためには、筋トレをすることが大切。
筋肉をつけるのではなく、筋肉を維持させていくことがポイントになります。


家事をしながら代謝アップ

台所での家事の場合は、横に動けないので上下の動きがポイント。
料理や皿洗いをしている間に、つま先立ちをしましょう。
ただし、普通につま先立ちをすると、ももの間が開いてしまうので、ももが開かないように行います。
足を閉じて背伸びをすれば、ももの内側・外側・お尻の筋肉が収縮して、筋肉を使うことができます。

また、低い位置から物を取る場合は、膝を曲げて取るようにすると、スクワット運動になるので効果的。
掃除機をかける時も、膝の曲げ伸ばしを意識すると、とても良いシェイプアップになります。


買い物をしながら代謝アップ

買い物をしながら代謝アップをする時のポイントは、姿勢を良くすること。
姿勢を良くすると、お腹や下半身の筋肉が使われるようになります。
おへその下に力を入れることを意識しましょう。


テレビを見ながら代謝アップ

テレビを見ながら、ソファやイスに座ってできる代謝アップのポイントは、お尻を締めて座ること。
お尻に力を入れたまま、背もたれによりかからず、背筋を伸ばして座ります。
こうすることで、下腹部とお尻の筋肉を使うことができます。
この座り方は、短時間の方が効果的。

長時間、リラックスしながら代謝アップするには、バタ足体操・ゆらゆら体操がオススメ。

■バタ足体操のやり方
1.姿勢を楽にして、背もたれによりかかります。
2.両足を軽く上下にバタバタと動かします。

■ゆらゆら体操のやり方
1.座ったまま肩の力を抜きます。
2.腰を左右にゆらゆらと揺らします。
posted by はなまるマーケットのダイエット! at 16:36 | ダイエット法




Copyright (C) 2006-2014
はなまるマーケットのダイエット!
Some Rights Reserved.