熱中症対策

はなまるマーケットのとくまるでは、熱中症対策が特集されました。

20度以下でも発症する

熱中症は気温が20度以下でも発症する場合があります。

これは梅雨の時期は湿度が高いため、汗が蒸発せずに体から熱を奪う
ことができず、体温は下がらずに上がり続けてしまうことが原因。
気温が低くても、湿度が高ければ熱中症になることもあるのです。

また、熱中症は突然発症して倒れてしまうこともあります。
症状が急激に進んだ場合、手当てや応急処置が遅れると命を落とす
危険性もあるため、注意が必要。


熱中症の基礎知識

熱中症は室内でも発症します。
外の炎天下で起こるイメージがありますが、温度や室内の条件が揃えば、
屋内でも発症してしまうのです。

また、子供は汗をかいて体温を調節する能力が大人に比べて未熟なので
熱中症にかかる危険性が高くなっています。
子供は背が低いので、地面からの照り返しによる熱の影響もあり、体感
温度も高くなっているのです。

汗をかいていない人よりも、汗を多くかいている人の方が熱中症になる
リスクが高いような感じもしますが、これは間違っています。
汗が止まってしまった状態は、発汗による体温調節の機能が正常に働いて
いないため、かなり危険な状態になっています。
すぐに救急車を呼んで、病院へ運ぶことが大切。


熱中症の見分け方

子供が熱中症にかかったかどうかを見分けるには、「お腹が痛い」
「足が疲れた」というような症状があるかどうかを確認しましょう。
これらの症状は、熱中症の初期症状でもあるため、少し休憩させて、
水分を摂らせるようにしましょう。

また、高齢者の場合は、元々体内の水分量が少なく、のどの渇きの感覚も
少し鈍感になっているので、こまめに水分の摂取を促すことが大切です。


熱中症予防

熱中症予防には水分補給が大切。
しかし、お茶や水など塩分を含まないものを補給し続けると、体内の
塩分濃度が下がってしまうので、かえって熱中症を発症しやすくなって
しまいます。

そのため、以下のような熱中症予防専用のドリンクがオススメ。

■運動時の熱中症予防ドリンク
・500mlペットボトル(水)…1本
・塩…1.5g
・はちみつ…大さじ1
・レモン汁…小さじ1

■平静時の熱中症予防ドリンク
・500mlペットボトル(水)…1本
・塩…0.75g
・はちみつ…大さじ1
・レモン汁…小さじ1

作り方は、ペットボトルに全ての材料を入れて、振って混ぜれば出来上がり。


応急処置

熱中症の症状には、I度、II度、III度の3段階があります。

I度の場合は、めまい・立ちくらみなどの症状があらわれます。
応急処置としては、水分補給と塩分の補給を行います。

II度の場合は、頭痛・吐き気・体のだるさなどの症状があらわれます。
応急処置としては、直射日光を避けて、足を高くして寝かせます。
水分と塩分の補給も忘れずに。

III度のの場合は、意識不明・ひきつけなどの症状があらわれます。
すぐに救急車を呼びましょう。
また、救急隊が到着するまでに、患者さんの熱をなるべく下げるため、
冷たいタオルで首周り・わきの下・ももの付け根を冷やします。
posted by はなまるマーケットのダイエット! at 16:40 | 健康・病気




Copyright (C) 2006-2014
はなまるマーケットのダイエット!
Some Rights Reserved.